世界一周ローカル旅

【世界最上級秘境】サイソンブンへの道〜作戦会議〜

LINEで送る
Pocket

まいど!横山笑来です。

 

バンビエンは意外と日本人が多く、旅の情報が集まる。

 

旅人同士が出逢うと話題はだいたい決まっていて、
これまでどこに行ったか?
これからどこに行くのか?
日本で何してたのか?
何歳なのか?
おすすめの場所は?
旅の目的は?

 

だいたいこんな感じ。
世界一周中の旅人も結構な確率で出逢う。ブログをやってる旅人は本当にほんの一部ですね。

 

 

多くの人と話している中で、ある面白い情報を入手した。
男性二人組の旅人で、彼らはこれから「サイソンブン」という所へ行くらしい。

 

 

「そこは去年からやっと一般の旅行者が立ち入れるようになったらしいよ!」

 

旅人の血が騒ぐ。

 

「行ってみたい。」

 

ただそれだけ。

 

彼らは翌朝出発してサイソンブンへ向かったが、僕は狂犬病ワクチンの接種をしなければならなかったので「すぐに追い付く!」そう言って彼らを見送った。

 

 

 

ではここで、僕と共にサイソンブンへ向かったキャラクター達の紹介をします。

 

同じ宿に滞在中の大学生旅人の「たこたつ」という男がいます。
彼も僕とほぼ同じ日にバンビエンに来ていた沈没仲間です。初日から雨に見舞われ、ブログの改造に明け暮れ、翌日もその翌日もほとんど一緒にいましたが、何をしていたかと聞かれると困るくらい特に何もしていなかった気がします。
「明日はブルーラグーンに行こう」と言って、翌日になると「明日でいっか」。これを4日間続けていたのは良い思い出です。
まぁそんな僕らでも散歩は結構好きで、川へ行ったり、牛に付いていって遊んだり、山に登ったり、洞窟探検をしたりしていました。あ、結構行動してたわ。
明石市では「タコマスター」という協会で会長も務めているという異色の経歴の持ち主で、今最も勢いのある21歳です。
 

ブログ→世界一周わらしべ長者!!

 

 

同じく大学生旅人の「ヨーヘイ
彼は元バレー部なのに坊主頭で、おとなしいけど変なやつです。
一度だけ他の皆が寝静まった後、僕と二人で朝の4時まで飲みながら話していたことがあるのですが、会話の途中で「え、今の話聞いてた?」ってなるほど会話が成り立たないことが何度もあって面白かったです。とにかく変化球をたくさん持っています。
意外と将来の事とか、ビジネスの事とか考えていてその意見もしっかりしていて、でもたまに僕の話は聞いてない。と言うかズレが半端ない。憎めないやつです。(あの時間だったしお互い様だったかな?)
帰国したらナマズラーメン屋をするそうです。

 

 

今回はこの21歳コンビと僕の3人でサイソンブンへ行く事になりました...。

 

 

20150421_210941edit
 

7:00PM(月曜日)

 

宿のロビーにて。とにかく情報が無さすぎる。屋台で買ってきた夕食を食べながらサイソンブンについて調べまくる。
各々何かわかった事があれば発言する。

 

「サイソンブンって町の名前じゃなくて県の名前やな。これじゃ何処が目的地なのかはっきりしないなー。」

 

「確かに、サイソンブン行こう!って、北海道行こう!って言ってるようなもので、札幌とか旭川とか具体的な目的地を調べないと。」

 

「治安が心配。過去にはサイソンブン内で反政府武装組織によるバス襲撃事件が発生...」

 

「以前はサイソンブン特別区に指定されていたが、2014年からサイソンブン県に昇格したと。」

 

「最貧国ラオスの中の最貧地域、サイソンブン」

 

5つの郡に分かれていいて、アヌヴォン郡っていう所が県都みたいですね。」

 

「ラオス最高峰ビア山(2,820)の近く!」

 

「アヌヴォン、ゲストハウスもありますね!マーケットとかも!」

 

Phanmyxay Guest House!!!

 

「「「そこ行こ!!!」」」

 

 

なんとかこの旅の目的地を設定するところまできた時には、既に午後10時を回っていた。

 

目的地が決まれば次は行き方を調べる。
こんな単純作業に数時間もかかってしまう場所へ僕達は明日行くんだ。

 

わくわくが止まらない!!!

 

 

しかしその「Phanmyxay Guest House」をグーグルマップで検索した瞬間、僕達の希望絶望へと変貌する...。

スクリーンショット (32)
 

 

 

10:30PM(月曜日)

 

ラオスはまだまだ開発中で、道が悪い。バスは出ていないので、足はレンタルバイクと決めていた。バンビエンからアヌヴォンまで121km...。
実はこの日の昼間、僕達はブルーラグーンと言う何故か青い天然のプールみたいな所へ遊びに行ってきた。バンビエンへ訪れる旅行者のほぼ全員が訪れると言っても良いくらい有名なスポットである。
そんな有名スポットまでの道のりでさえ、ほぼずっと砂利道という悪路で、たった7kmの道のりに40分位かかった。

 

単純計算で、時速12km、約10時間かかる計算になる。サイソンブンへ向かう人はきっともっと少ないだろうから、121kmの道のりはずっと砂利道、もしくは更に悪路と考えるのが普通である。

 

そうなると10時間で着くだろうか?
遅くても日が暮れる前にアヌヴォンへ到着しないと危険だ。ただでさえラオスは都市間の道中に山賊が出没するとの噂まである。

スクリーンショット (33)
 

しかも何だこのグーグルマップが示す行き方は。これはどう見ても湖。途中で船にでも乗れと言うのか?

スクリーンショット (34)
 

ストリートビューは出ないので、衛星写真を最大限引き伸ばして、道路の質を確認してみる。途中まではアスファルトだが、その後は砂利道のように見える。

 

ここにきてまた分からない事が増えてきた。

 

諦める?
それか行けるところまで行く?

 

だいたい僕とたこたつはラオスのビザがもうすぐ切れるので、
「水曜日、午後のバンビエン発のバスでビエンチャンへ移動。」
この予定は絶対にずらせない。

 

そうすると、仮に10時間かかるとして、火曜日の日没頃にサイソンブン着、その日の夜中出発で、また10時間の道のりを帰らなければならない。

 

体力的にも安全面にも無理がある。

 

行く意味...ある?

 

2014T052_2edit
 

 

0:15AM(火曜日)

 

たこたつはまだ諦めきれずにいた。
「なんか大丈夫な気がしますよ!行きましょうよ!!」

 

何の根拠があってそんな事を言うのか。
彼のそんな発言は、時には頼りになるが、時には不安をあおる。

 

「行きたい」

 

その気持ちは同じだよ、たこたつ。
でも僕達は冒険家じゃなく旅人なんだ。
世界を一周して、必ず生きて帰らなければならないんだよ。

 

自己責任

 

この言葉が重くのしかかる...。

 

この2人よりも僕は7つも年上だから、僕がしっかりしないといけないんだ…。


でもそんなことを考えるのは無駄だった。
彼らは僕なんかよりずっとしっかりしている。

 

昼間、24時間70,000キープ(1,050)で借りたバイクが2台まだ宿の前に停めてあった。


 

「じゃとりあえずちょっと途中まで見てきますわ!」
そう言って、ヨーヘイと2人でバイクに乗って行った。

 

 

 

2:30AM(火曜日)

 

「寒い寒い寒い!!!」
2
人が震えながら帰ってきた。

 

「おかえりー」
ーーー無事で良かった。

 

 

「さて、どうだったでしょうか!?」
声がイキイキしている。

 

「意外と綺麗だった?」

 

「正解!!ずっとあの道なら4,5時間で着きますよ。行きましょう、ショーキさん!!」

 

ーーーわかった、行こう!!!

 

 

 

3:25AM(火曜日)

 

分からないのは、さっきたこたつとヨーヘイが下見に行った最初の約30km以降の道のり。そして途中立ちはだかる謎の湖。

 

とりあえず行ってみようか!!

 

今日はもう遅いから、朝9時に準備を済ませてロビーに集合しよう。

 

そう言って静まり返った宿の中、各自部屋へ戻り、明日へ向けて体力を少しでも温存する。

 

 

出発の朝、最低限の荷物だけ持って、貴重品とその他の荷物は宿に置かせてもらった。

 

万が一、何かあった時の為に同じ宿に残る日本人の旅人に緊急連絡先を教える。

 

さあ、行くぞ!!!

 

サイソンブン!!!
received_379777668813732edit
 

横山笑来

 

次回、世界最上級の秘境サイソンブンへの道のりを大公開します。お楽しみに!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑こちらの世界一周バナーをクリックするとランキング画面に飛び、投票完了となります。【投票ありがとうございます】みたいな画面にはならないので解りにくいですがそれでOKです。まいどあり!
 
【サイソンブン編全5記事はこちら!】
【世界最上級秘境】サイソンブンへの道〜作戦会議編〜
【世界最上級秘境】サイソンブンへの道〜出発編〜
サイソンブンリベンジ~葛藤~
サイソンブンリベンジ〜再出発〜
サイソンブンリベンジ〜最終回〜
 
スポンサーリンク
海外ホテル検索
「スーツケース買うのはちょっと…」という方はこちら
シリーズ510万部突破!旅の指さし会話帳
スカイスキャナーで航空券比較検索

 

LINEで送る
Pocket

5 thoughts on “【世界最上級秘境】サイソンブンへの道〜作戦会議〜

  1. Pingback: 【世界最上級秘境】サイソンブンへの道〜出発編〜 | 横山笑来の世界一周

  2. Pingback: サイソンブンリベンジ~葛藤~ | 横山笑来の世界一周

  3. Pingback: サイソンブンリベンジ〜再出発〜 | 横山笑来の世界一周

  4. Pingback: サイソンブンリベンジ〜最終回〜 | 横山笑来の世界一周

  5. Pingback: バングラデシュの治安・人・食事・物価 – 世界一周ローカル旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です