世界一周ローカル旅

謎の男

LINEで送る
Pocket

まいど!横山笑来です。

 

少々、時を遡り、パンガン島へ向かう途中のフェリーでのお話をしましょう。

 

 

この日はフルムーンパーティ当日。フェリーもそこそこ賑わっている。バス移動7時間の後のフェリー移動。座っているのもしんどくなってきた僕は、座席の最後尾の前に立って伸びをしていた。

 

 

 

謎の男「日本人の方ですか?」

 

僕『あ、はいー。』

 

彼はシュウと名乗った。パンガン島へ向かうフェリーは、その前に幾つかの島に寄る。シュウはその途中のタオ島へ向かうところらしい。

 

 

 

 

そしてなんとこの出逢いで僕の旅の予定が、

 

 

 

少し変わる...。

 

 

 

 

「今、タオ島でアースバッグのドームハウスを建築してるんで、もし興味があれば手伝いに来てくれませんか?」

 

 

『あ、あーすばっぐどーむ?』

 

 

「そうです。作り方は...。(画像見せてくれる。)次回記事で説明します。

 

 

『面白そうですね!初めて見ました!』

 

 

「今、全員で20人くらい集まってくれてて...」

 

 

『へー!あの、その、やらしい話お金って出るんですか?』

 

 

「お金は逆に参加費って形で少しだけ払って貰ってるんですね。ワークショップという形で。」

 

 

「ワークショップ?」

 

(今日はなんか知らない言葉を聞くなぁ。でもなんか面白そうや!)

 

 

 

 

Workshopとは、本来、工房や作業場を意味するが、現代においては参加者が経験や作業を披露したり、ディスカッションしたりしてスキルを伸ばす場の意味を持つようになっている。学びや創造、問題解決やトレーニングの手法である。参加者が自発的に作業や発言を行える環境が整った場において、ファシリテーターと呼ばれる司会進行役を中心に参加者全員が体験するものとして運営される形態がポピュラーとなっている。(Wikipediaより)

 

 

 

 

まぁざっくりこんな感じかって捉えて貰えばOKです。

 

そしてこのシュウこそが、日本人ビルダーによる初の海外でのアースバッグ建築の主催者だったのである。

 

 

 

つづく

 

横山笑来

 

あーあ。ネット環境無くて最近ブログ更新出来なかったせいでランキングめっちゃ落ちてますね。悲しー。

下の世界一周と書いてあるロゴをクリックして頂くとランキングのポイントが入る仕組みになっているので、読み終えたら是非クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

One thought on “謎の男

  1. Pingback: タオ島でのアースバッグドーム建築 » 横山笑来の世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です