世界一周ローカル旅

【最新情報!!超詳細!!英語解説付き】スネークファームで予防接種《1回目》

LINEで送る
Pocket

まいど!横山笑来です。




前々回からの続きです。暑すぎて妄想でおかしくなりながらなんとかスネークファームのところの病院へと到着した僕。やっとここからが本編です。予防接種体験談はじまるよー!!





【院内の人は基本英語話せますのでご安心を。】





建物に入るとすぐ右手に受付(Reception)があります。まずはそこで『I wanna take vaccination.(予防接種を受けたいです。)』と言いましょう。





20150225_110659

するとRoom1へ行くように言われます。建物内全ての扉の上の辺に番号のついたプレートが付いているので、ここから先部屋を転々と移動しますが、直前の担当者がそこでやるべきことが終わったら次の部屋を教えてくれるので迷うことはまずありません。





Room1ではまず初診登録をします。入ると窓口の人が記入用紙を2枚渡してくれます。First time?(初めて?)と聞かれるので、元気良くYes!!と答えましょう。1枚目は名前、国籍、パスポート番号、滞在先の住所、今後旅行する予定の国とその滞在期間を記載する欄があります。ここで大事なのは、最後の今後旅行する予定の国とその滞在期間の欄です。僕みたいな行き当たりばったり、予定は未定な旅人でも、ここはしっかり書いておかないとお医者さんが希望に添った予防接種をさせてくれません。なので僕はどう書いたかというと、





1.Southeast Asia, India5-6months
2.African Continent
2-3months
3.South America
2-3months
【欄は3つあった】






上から東南アジア、インド。(5-6ヶ月)アフリカ大陸。南米。(2-3ヶ月)







本当にこれ通りにはいかないかもしれませんが、予防接種が特に必要とされている地域です。期間ですが、あまり短すぎると、しなくて良いとか言われて迷ってしまうのが嫌だったので確実な期間で記入しました。







CM150225-112106002

次に2枚目は、過去の予防接種記録を記入する用紙です。今までにこれらの予防接種を受けたことがありますか?(当てはまる箇所にをして下さい。)と書いてあります。そして上から順に、





Cholera(コレラ)
Hepatitis AA型肝炎)
Hepatitis A/B
A型肝炎とB型肝炎の混合)
Hepatitis BB型肝炎)
HPV(Cervarix/Gardasill)(不明)
Influenza
(インフルエンザ)
Japanese Encephalitis(日本脳炎)
Meningococcal
(不明)
Mump-Measles-Rubella(MMR)
(不明)
Pneumococcal
(不明)
Polio(ポリオ)
Rabies(狂犬病)
Tetanus Toxoid/Diphtheria-Tetanus(破傷風とジフテリアの2種混合)
Tetanus-Diphtheria-Pertussis
(破傷風とジフテリアと百日咳の3種混合)
Tetanus-Diphtheria-Pertussis-Polio
(破傷風とジフテリアと百日咳とポリオの4種混合)
Typhoid(腸チフス)
Varicella
(不明)
Yellow Fever(黄熱)






不明とかあってすみませんが、僕が日本から受けようと思っていたA型肝炎、B型肝炎、黄熱、日本脳炎、狂犬病、破傷風、ポリオ、腸チフスがあったので良しとしました。(付)







上の欄が左から





Vaccines(ワクチン)
Never
(一度もない)
Not sure
(わからない)
Dose
(接種した回数)
Remark
(備考)






です。







日本人の場合、(僕も含め)12歳の時に破傷風とジフテリアの2種混合ワクチンを受けている人がいます。その場合、20代前半までは効果が得られるらしいので、受けなくていいそうです。僕は27歳なので受けときます。








上記を踏まえ、僕は破傷風とジフテリアの2種混合、不明をNot sure。他をNeverして提出しました。







CM150225-11285800120150225_133755edit

提出ししばらく待つように言われ、登録カードと接種履歴を記すノート(イエローカード)を渡されます。登録料20バーツ。





すぐ隣の部屋へ促され、血圧を測ります。血圧に異常が見られなければお医者さんの問診へ進みます。







お医者さんは僕が書いた用紙を見て、すぐに世界一周旅行者だとわかってくれました。そしてお医者さんオススメの予防接種の説明が始まります。


まずは黄熱。これはいいですね。一回の接種で10年間有効です。


日本脳炎。これも受ける予定で来ましたが、調べていた情報と違う点が。先の旅人達のブログには2または3回接種と書いてありますが、法律や新薬やらが最近変わったそうです。これが最新情報です。一回の接種で5年間有効。今後もしかすると法律が変わって一生有効になるかもしれないそうです。


A型肝炎。B型との混合を受けようと思っていたのですが、そうすると2日前の事前チェックが必要だそうで、B型肝炎の為にそこまでしなくていいや、ということでB型肝炎は見送ることにしました。なのでA型肝炎の接種。1回接種で1年間有効。半年〜1年後に2回目接種で一生有効。


以上!!








お医者さんから薦められたのは以上3つのみです。さっさと次の段階に進められてしまいそうだったのであわててこう言います。I wanna take Typhoid Fever, Rabies, Tetanus and Polio as well.(腸チフス、狂犬病、破傷風、ポリオも受けたいんですけど。)





問診室にはこんな物が貼ってあるので、指差しながら話した方が確実でしょう。
20150225_114816





そう言うと今日は上記の3+狂犬病を受けて、それ以上すると身体に良くないので他は次回受けることになりました。





狂犬病は3回接種。初回、その7日後、初回から数えて21-28日後です。3回接種したとしても、もし犬に噛まれたら病院へ直行してワクチンを追加接種しなければ死んでしまう厄介なやつです。予防接種は追加接種までの時間稼ぎにしか過ぎません。








お医者さんの問診の後は、看護師さんが用意してくれる、今日受ける分のワクチン名が書いてある用紙を持って、別室に自分でワクチンを買いに行きます。


そして注射担当の別のお医者さんに両肩に注射してもらい、15分待って異常が見られなければ1日目は終了です。









20150225_133835edit
20150225_133845


以上、お疲れ様でした。




2日目はリアルタイムでもまだなので、後日更新します。金額は全部終わってからでないとわかりにくいと思うので、多分次回接種か狂犬病3回目が終わったあたりで発表します。日本よりはるかに安い。








最後に。日本で扱われている予防接種のワクチンと海外のそれとは物が違うので、感染症の種類によっては接種の回数が違うことがありますのでご注意ください。日本は主に日本製の物を使っていて、海外ではフランス製や中国製などの物を使っているので、日本だけ違うそうです。


横山笑来





世界一周ブログランキングに参加しています。どうぞYOROSHIKU!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

One thought on “【最新情報!!超詳細!!英語解説付き】スネークファームで予防接種《1回目》

  1. Pingback: 【全日程、金額まとめ】スネークファームで予防接種 | 横山笑来の世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です