世界一周ローカル旅

アルマトイ観光と街中を歩き回った話

LINEで送る
Pocket

トルキスタンからトルキスタンに来ました。(前回の記事はこちら)

昨日は朝から爆睡して夜はネットでうだうだやってしまったので、今日は町歩きに繰り出したいと思います。

 

■世界一周ブログランキング参戦中■
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 
アルマトイ 
 

28人のパンフィロフ戦士公園

28人のパンフィロフ戦士公園

大祖国戦争(第二次世界大戦での対ドイツ戦)のとき、カザフ社会主義共和国から出征しモスクワを防御し、戦死したパンフィロフ将軍率いる28人の戦士を記念して造られた公園。(「地球の歩き方 中央アジア13-14」より)

 

・・・だそうです。
宿泊先のホテルトルキスタンの直ぐ近くにこの公園があることを知ったので、散歩コースに組み込んで行ってみることにしました。
公園には当時の戦争で使われた兵器や兵士達のオブジェがたくさんあって、そこで記念撮影している観光客がちらほらいて落ち着いた雰囲気で散歩できますよー。

 

28人のパンフィロフ戦士公園

こんなお墓(風?)なものが数mおきに28個建ち並んでいました。数えてないけど多分28個位ありました。
よく見ると名前とその人が生きた年号が記されていて、ほとんどの人が20代前半から30歳前後で亡くなっていたのがわかります。
僕の今の年齢が29歳なので・・・ちょっと考えたくないですね。

 

 
アルマトイ ツーリストインフォメーション

公園を抜けてふらふらと歩きツーリストインフォメーションへ!
トルキスタンのレセプションの人が英語ほとんど話せないので、代わりに次の目的地の首都アスタナへの行き方を聞きに来ました。
ここの女性は英語上手でめちゃめちゃ親切に何でも教えてくれます。
前回アルマトイのバスターミナルに着いた時、あるはずだった路面電車(トラム)がなかったのは、去年20台の車と路上でクラッシュするという大事故を引き起こし、それから営業停止になっているかららしい。
でもどちらにせよ劣化も進んでたし車の台数も増えて邪魔だったから潮時だったみたい。

 

で、アルマトイからアスタナへも電車かバスの二択になるらしく、電車がおすすめとのこと。
理由は快適さ。バスは寝ころべないけど電車だと寝ころべるらしい。

 

僕個人的にはバスの方が何かと融通が利くし、チケットを買いに行ったりという手間がかからないことが多いのでどちらか選べるならバスでええかなー。でも中央アジアのバスは長距離バスであっても路上で手を上げている人がいればどこでも停まって乗せたり、逆に降りたり出来るのでその分「ストップ&ゴー」が多く酔いやすい。電車ならそんなことはないしゆっくりとくつろぎながらブログ記事を書いたりもできる。

 

そんな訳で今回は電車で行くことにしました。
早速ホテルの近くにある旅行代理店で電車のチケットを手配しに行く。
明日の電車のチケットくださーい!

W1024Q75_20160714_173140

この代理店には英語が話せる若い女性と、話せないおばはんがいた。
おばはんがPCの画面を見ながらチケットの手配をして、若い女性が通訳に入った。

 

「もう売り切れだよ」
え!?そうなの?じゃ明後日は?

 

「どこから来たんだい?」
ジャパンだよ!ねえ明後日のチケットは?

 

「残りわずか!チケット代が4,100テンゲで手数料が500テンゲ、併せて4,600テンゲ」
え、ちょっと手数料高いんじゃない?

 

『ヤポーニャ(日本人)が何言ってるんだろね~ハッ』
ロシア語かカザフ語だったけど雰囲気でそう言ってるのが解った。

 

このおばはんはさっきからやたらと横柄な態度を僕にむき出しにしていた。
それでもチケットを手配するために堪えた。
手数料がもう少し安くなれば購入しよう。

 

『あ~チケット完売。おしまーい』
え・・・?(イライラ)

 

本当にあの瞬間に完売してしまったのか単なるおばはんの嫌がらせか、それはわからなかった。
でもひとつだけ僕の心に刻まれたことがあった。

 

これ以上ここでお世話にはなりたくない!!じゃあな!!
たったの数分でこんなに人を嫌な気分にさせるあの才能はなんなんだろう。

 

アルマトイ 

はあああー、それにしてもカザフスタンの電車のチケットももしかしたらインド並みに手配するのが難しいのだろうか・・・。
だとすれば急がないとまずい。
電車のチケットが手配できなかったせいで滞在可能日数15日間をオーバーするのだけは避けなければ・・・。

 

チケットがここで買えたらビールと夕食を買って部屋でゆっくりしようと思ってたけど、もうその足で電車のアルマトイⅡ駅へ向かうことにした。
さっきのインフォメーションセンターとはホテルから正反対の方向に歩く。
流石は元首都でカザフスタン最大の都市アルマトイ。人が多い。
人波をかき分けて駅に到着!

アルマトイⅡ駅

 

ここのチケットカウンターならまだチケットも残っているかもしれないし手数料も安いだろう。
暇なんだから最初から駅に来ればよかったのだろうが、そうしなかったのには理由があった。
ホテルから少し離れていることと、警備員がたくさんいて捕まるのが面倒だったから。
バスの良い所は警備員などほとんどいないから捕まる心配が少ないという理由が占めるウエイトも大きい。
タジキスタンでの拘束のトラウマは未だ拭えずにいた。

 

でもその心配をよそにチケットカウンターのお姉さんはめっちゃフレンドリーで親切で、明日のチケットはやはり無かったが明後日のチケットは手配することが出来た。
手数料は300テンゲでアルマトイⅡ駅からアスタナまでの寝台列車は合計4,437テンゲ(≒1,300円)と中途半端な価格だった。
席のランクが色々あって、まだ残っていたやつの中から安いやつを選んだ。

アルマトイⅡ駅

 

何はともあれ無事に予定1日オーバーでチケット手配が済んでよかったよかった。
ホテルはドミトリーなのにずっと一人で快適だし。

 

今日は寿司でも買って食うか!

 

カザフスタン アルマトイ 寿司

ってことでなんか勢いで何ヶ月ぶりになるかわからない寿司をテイクアウェイしてしまいました。
醤油とあまりツーンとしないわさびもついて、これでお値段1,000テンゲ(≒300円)!!
日本ではあまり見かけないスタイルですが、海外では巻き寿司をファッショナブルにしたようなやつが流行ってます。
これは酢飯で海苔とクリームチーズと飛子を巻いて更にそれをスモークサーモンで巻いた一品。
値段は回転すしと同じくらいですね。高級品です。
味は「まじ美味かった!!」です。
200テンゲのビールと一緒に頂きまーす!!!
ビール安っ!!

 

それにしても今日は歩いたなーのMAP

アルマトイMAP

 

■世界一周ブログランキング参戦中■
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
☆クリックするとランキングが上がります!このブログの順位もわかるよー!1日1クリック☆

 
海外ホテル検索
「スーツケース買うのはちょっと…」という方はこちら
シリーズ510万部突破!旅の指さし会話帳

LINEで送る
Pocket

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です