世界一周ローカル旅

メンタルの弱さ

LINEで送る
Pocket

 
タジキスタン大統領国家警備隊(仮)に2時間以上拘束された話
 
 

あの日以来、どうしてもこの国を歩くのが怖くなった。

 

町へ出ても必要最低限の買い物しか出来ない。

 

ふらふらと用も無いのに見て回ったりすることはなくなったし

 

警官がいる店へは入らなくなった。

 

全くもって悪いことはしていないのに気分は容疑者みたいだ。

 

道行く人々ともなるべく目を合わさないようにしてしまう。

 

一緒に写真を撮ってほしいとの申し出には素早く対応し、撮影が終わるとそそくさと立ち去る。

 

少年が時々あいさつをしてくる。
左手を胸に当て、右手で握手を求めながら「アッサラーム アレイクム」。
これはイスラム教徒同士ではかなり丁寧なあいさつ。
何を考えているかわからないので握手をしたらまたそそくさと立ち去る。

 

僕の服装や容姿のせいでもあるが、周囲からはかなりよく視線を感じる。
用も無いのにただこっちを見ながら何かを発しているのがわかる。

 

それは「ニィハオ」だったり「ジャポン」だったり色々なんだが
どこかに含み笑いを感じるのがとても恐怖を感じる。
なんだろうか、この感覚は。

 

いじめ?

 

意外とそれと似た感覚だと思う。
そんな中にもやさしい普通の人ももちろんいる。
買い物をしても最初から通常価格で売ってくれるし
聞けばちゃんと答えてくれる。
でもなんかそれも信じられなくて
「ごめんね」って心の中で謝りながら
逃げるようにしてタジキスタンを後にした。

 

 

 

ふとインドを思い出した。
インドと言う国もなぜかトラブルが絶えない。
ある人は半強制的に高額なツアーを組まさせられ、
またある人は相場よりもはるかに高額な請求を受ける。
だが実際にはこんな悪いインド人は極僅かなんだから、自分がそういった被害に遭ったとしてもインドという”国”ごと嫌いになるのは間違っている。

 

そう当ブログでも、インドの日本人宿管理人としても、何度も説いてきた。
今でもこの持論はその通りだと思っている。
今回僕が受けた被害って何だ?

 

時間だ。

 

たった2時間余りの時間警備隊にいわれのない罪で拘束され、ほとんど関係のない話ばかりしていただけだ。
賄賂を請求されたわけでもない。
何かを没収されたわけでもない。
ただ普段持て余していた時間を2時間ほど奪われただけのこと。
それだけでこんなに落ち込んでいるのか?
もしもこの先、金銭を失うことがあれば?
何か大切な物や高価な物を失うことがあれば?
僕は一体どうなってしまうんだろう・・・。

 

ただただ自分のメンタルの弱さに驚いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶわっはーーー!!!

 

やばいっすねこれ(笑)
きんもー!!

 

あー実はこれタジキスタン出国前夜にその時のブログ記事を想定して書いたメモです。
なんかホンマに怖かったんですよ。
今考えると病み過ぎですけどね(笑)

 

しかもこの直後にその恐れていたことが起ころうとは思いもしなかった訳です(笑)
そう、次々回いよいよ最近の記事に写真が無い理由が明らかになります。

 

ホーログの後は首都ドゥシャンベにも寄りました。
ネットで調べればすぐ出てくるGreen House Hostelに宿泊!
自炊でしっかりと野菜も摂れたし宿の人も親切だったしここもおすすめです!

 

 

次回はタジキスタン出国に合わせて物価報告といきたいと思います。

 

■世界一周ブログランキング参戦中■
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
☆クリックするとランキングが上がります!このブログの順位もわかるよー!1日1クリック☆

LINEで送る
Pocket

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です