世界一周ローカル旅

ワハーン回廊ヤムチュンでのホームステイ体験記

LINEで送る
Pocket

タジキスタンとアフガニスタン国境沿いの町

フル装備で2.3km歩こうかと歩き出すとすぐにスコップを持って佇むおじちゃんに声を掛けられた。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

「こんにちは」
こんにちはー

 

「どこへ行くんだ?」
この先のインフォメーションセンターに行くんだ

 

「何人だ?」
日本人だよ

 

「そうかそうかチャイでも飲んでいきなさい。」
え、良いの?

 

「さあさあさあ・・・」
じゃお言葉に甘えて・・・。

 

ワハーン回廊,ヤムチュン,ホームステイ
 

そこから歩いてすぐのところにおじちゃんの自宅はあった。
年下の奥さんとまだ小さい子どもが二人。

 

タジキスタンの家は外観には装飾など一切の無駄が無いんだけど

ワハーン回廊 タジキスタン ホームステイ
 

内装は綺麗なカーペットや壁掛けで飾り付けられている。

ワハーン回廊,タジキスタン,ホームステイ

 

 

部屋に通されチャイの準備をしてくれている間
「お昼も食べていくか?」
という話になった。

 

「マカロン!マカロン!」
どうやらマカロニのことらしい。

 

ここ数日パンとスープとトマトときゅうりのサラダばかりで飽き飽きしてたのでマカロニと聞いてかなり嬉しくなった。

 

良い人そうだが英語は全く通じない。

 

ロシア語を調べながらの必死の話し合いが始まった。

 

とりあえず昼食のマカロニはふたりで20ソモ二(約260円)と結構安かったので、そんなに吹っ掛けてはこないだろう。

 

ホームステイの受け入れにはあまり慣れてはいない様子だ。

 
Snapshot 1 (2016-07-10 11-14)

 

昼食はマカロニで、夕食はえーーっとーーーー

 

紙に書いてもらってもキリル文字を僕らは読めない。

 

メニューはいいから食事込みの宿泊費はいくら?

 

何度聞いても伝わらない。

 

というかあまりこっちの話を聞いていない。

 

タジキスタン,食事

 

チャイとマカロニの用意が出来たみたいだ。

 

チョコレート系のお菓子と一緒に出してくれる。

 

何となく今日はここへ泊まらせてもらえそうな空気が流れていた・・・。

 

 

この部屋を使って、と案内された部屋。

 

荷物はここに置いておいて大丈夫だから!

 

鍵もかけるしその鍵も渡す!

 

ぎゃ、逆にあやしいんですけど・・・。

 

まあしばらく様子をみましょうか。

 

ワハーン回廊,ヤムチュン,ホームステイ
 

チャイとマカロニをご馳走になりながら部屋でくつろいでいるといきなり10人位の来客が僕らの部屋に押しかけて来た。

 

聞けばみんなおじちゃんの親戚らしい。

 

大方珍しい日本人がいるからと集まったのだろう。

 

ギターを演奏したり(めっちゃど素人)

 

喋ったり笑ったり、赤ちゃんと触れ合ったり・・・楽しい時間を過ごした。

 
ワハーン回廊,ヤムチュン,ホームステイ

 

 

みんなが僕らに飽きて帰ると貴重品を持ってそれ以外の荷物は置かせてもらい外出することにした。

 

とりあえずさっき行く予定だったインフォメーションセンターで情報収集や!!

 

ワハーン回廊,ヤムチュン,景色

 

手ぶらなら2.3km歩くのなんて大したことは無い。

 

散歩ついでに行きましょー・・・。

 

ワハーン回廊,ヤムチュン,景色

 

と、ここでまたもや予想外の出来事が・・・

 
Screenshot_2016-07-08-19-23-53

 

こんな表示されたら誰だってインフォメーションセンター的な、事務所かなんかがあって、その土地に精通している人がいて・・・って思うやん!!?

 

しかし実際のこの場所にあったものは・・・

 
ワハーン回廊,ヤムチュン,インフォメーション

 

間違ってないけど!!!

 

ワハーン回廊,ヤムチュン,売店

 

道中売店が数件一応あるのだが、少しの日用品やお菓子ばっかで水もビールも売ってない。

 

車が通るとしばらく砂ぼこりが立ち込める。

 

もしかして人生で一番田舎に来たかも。

 
ワハーン回廊,ヤムチュン,景色

 

村人ともそんなに出逢わないし特にやることもないので今日はあのおじちゃん宅にお世話になろう。

 

帰ったら金額の相談だ。

 

 

家へ戻るとまたチャイの用意をしてくれた。

 

しかも焼きたてのナンが添えられている!!

 

中央アジアはなんかことあるごとにチャイを用意しては飲んでゆっくりする。

 

この文化はなかなか良いよね!!

 

おばあちゃんの家に来た時のような、古き良き気分にさせられる。

 

おじちゃんに料金の話を持ち掛けると、先ほどの昼食、夕食、朝食、宿泊費がふたり分で各20ソモ二(約260円)、温かいシャワーが5ソモ二(約65円)。

 

合計ふたりで85ソモ二(約1,105円)で落ち着いた。

 

驚くほど安いが、この後この料金である意味納得することとなる・・・。

 

W1024Q75_20160623_202255

 

夕食が運ばれてきた。

 

ま、またマカロニ。しかも具無し。

 

それにナン。

 

「ちょ、ちょっっとおじちゃん・・・これはあんまりじゃないですかね?」

 

つい言葉に出てしまった。

 

「さっき売店に行って来たんだが・・・野菜かなんか買おうと思ったんだが何も無くて買えなかったんだ」

 

そ、そっか。

 

仕方ない。

 

いただきます・・・。

 

 

「温かいシャワーなんだが家には無くて近くに住んでる兄弟の家へ行ってもらおうと思ったんだが、電力不足で無いそうだ。明日の朝は行けるみたいだからそれまで我慢してくれ」

 

は、はい。

 

これは全然予想の範疇だったのであっさりと受け入れられた。

 

それにしても侘しいな・・・。

 

 
W1024Q75_20160624_062240

 

翌朝の朝食

 

またか・・・。

 

これで20ソモ二(約260円)は高すぎるだろう!!

 

と思ったがその言葉は飲み込んだ。

 

昨日僕らも散歩の途中で数件の売店に寄ったとき、本当に野菜は玉ねぎしか見つけられなかったからだ。

 

他にマーケットなどがある様子も無い。

 

砂糖とかジャムくらいは買い溜めしとくべきだろうし、他の家ではそうしていると思う。

 

けどこの家でそうしていないのはそれほど貧しいのか、それとも・・・。

 

本当のところは言葉も十分に伝わらないのでわからないけれど

 

少なからず言えるのは、おじちゃんは僕らを「騙して」お金を得ようとは考えていなかった。

 

今思えば昨日僕らが外出先から戻ってきた時に焼いていた新しいナンが彼らなりのおもてなしだったのかもしれない。

 

温かいシャワーも結局浴びれなかったので、おじちゃん宅に流れる小川の水と手ぬぐいで身体を拭いて済ませた。

 

 

おじちゃんは用も無いのにゲストである僕らの部屋でくつろぐ珍しいタイプのホストだ。

 

またもしワハーン回廊を訪れる機会があれば必ずこの家には訪れたい。

 

場所は以下の通りなので、もしこの記事を見て行った人がいれば是非その時の様子を教えてください。

 

村の名前はYamchun(ヤムチュン)

 

田舎過ぎてGoogleマップにも載っていないので大体の場所はここ。

ワハーン回廊,ヤムチュン,位置

 

地図アプリmaps.meの方が詳細地図が表示される。

ワハーン回廊,ヤムチュン,ホームステイ先

 

メーンロードから見える。

ワハーン回廊,ヤムチュン,ホームステイ先

 

ホストのおじちゃん、シカンダハーさん。

ワハーン回廊,ヤムチュン,ホームステイ先

 

動画にも収録されているので是非ご覧あれ。

 

■世界一周ブログランキング参戦中■
↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑上のバナーをクリックするとランキングが上がります!↑↑
↑↑このブログは現在何位!?↑↑

 
スポンサーリンク
海外ホテル検索
「スーツケース買うのはちょっと…」という方はこちら
シリーズ510万部突破!旅の指さし会話帳
スカイスキャナーで航空券比較検索

 

LINEで送る
Pocket

One thought on “ワハーン回廊ヤムチュンでのホームステイ体験記

  1. Pingback: 【まとめ】タジキスタンの宿代・移動費・物価 – 世界一周ローカル旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です