世界一周ローカル旅

空白の一日を越えてパミール高原の絶景を見よ

LINEで送る
Pocket

パミール高原 位置
 

サリタシュは面白いし運が良ければホームステイも出来るし、ホストファミリーにユルタへ連れて行ってもらえるだろう。
だから是非お勧めしたい村のひとつではあるのだが、いかんせん交通の便が悪い。
タジキスタンへ向かいたいのなら悪いことは言わない。
面倒だが一度オシュへ戻り、シェアタクシーを手配しなおした方がはるかに無難な道が開ける。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日は朝から張り込み。
ふざけてる場合じゃないんだけどどう見ても刑事(デカ)・・・。

国境で張り込み中

 

朝から幾人かのタクシードライバーが僕らの部屋まで営業に来た。
事務所の職員が紹介してくれるのは有難いんだけどみんな
「100USD出せ」から引き下がらない。
恐喝か!と感じる反面、実際ここから動くにはそれぐらい払わないと厳しいのかなと思ったり。
事務所の職員も流石に値下げ交渉までは手伝ってくれない。

 

朝食に非常食のビスケット等をポリポリと食べながらひたすら待つ。
実際オシュから乗り合いワゴン車を手配すればムルガブまで2,500ソム(約4,000円)
出来ればせめてこの辺りを上限に脱出したい。
まだ朝は始まったばかり。
この国境を通過する車は午前中に集中しているハズ。

 

午前中には必ずここを脱出する・・・!!

 

 

張り込み開始から約2時間後・・・

 

救世主現る!!!

 

救世主

 

オシュからの乗り合いワゴン車のドライバーに必死に喰らいつく。
事務所の職員も多分「頼むよ~、乗せてやってくれよ~。」的な事を言ってくれていた。

 

何度か断られたが最終的には荷物を移動させ、乗客ももれなくギュウギュウ詰めになりつつも乗せてもらえることになった。
金額はドライバーも納得価格のふたりで4,000ソム(約6,400円)!!
急遽超満員なのにもかかわらず乗せてくれた上に良心的価格~!!

 

ここからタジキスタン入国ゲートまでしばらくひた走り入国手続きとなる。
実は僕らは前日キルギス出国ゲートに到着した時に出国スタンプを押されたので、タジキスタン入国時に「ん?昨日から今までどこで何してたんだ!?」となることを恐れていた。
まあ結果全く何も突っ込まれることなく入国出来たんだけど。
中央アジアは標高数千mの山々を突き進むクレイジーなチャリダー(自転車で旅してる人のこと)が多い地域でもある為かとも思う。

 

さて、晴れて予定より一日遅れでタジキスタンへ入国出来た。

 

やっとタジキスタン!!

 

 

キルギスとタジキスタンに掛けてパミール高原という地域が広がっている。
標高3,000~4,000m以上にもなる道路をガタゴト走る。
景色はタジキスタンに入った途端、緑が減った気がした。
それでも雄大な景色に変わりはないし、ここで一生分の絶景を楽しんだと言う人さえいる。

 

絶景とかそういう類のものに興味の薄い僕でさえこれは凄いと息を飲んだものだ。

 

それじゃーいきますよ!!
パミール高原の絶景の数々をご覧あれー

 

タジキスタン パミール高原 絶景
 

タジキスタン パミール高原 絶景
 

タジキスタン パミール高原 絶景
 

タジキスタン パミール高原 絶景
 

タジキスタン パミール高原 絶景
 

タジキスタン パミール高原 絶景
 

タジキスタン パミール高原 絶景
 

タジキスタン パミール高原 絶景
 

タジキスタン パミール高原 絶景
 
タジキスタン パミール高原 絶景

 

 

そして・・・。

 

ムルガブ
 

あれなにここ??

 

数時間後、僕らはやたらと殺伐とした町に到着した・・・。

 

■世界一周ブログランキング参戦中■

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

☆クリックするとランキングが上がります!このブログの順位もわかるよー!1日1クリック☆

 

LINEで送る
Pocket

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です