世界一周ローカル旅

キルギス南部の小さな村サリタシュでユルタに訪問

LINEで送る
Pocket

いきなり15 日連続で更新をストップするという波乱の世界一周第二章開幕となりました。
で、まあ今はウズベキスタンと言う国のサマルカンドと言う町にいます。
タジキスタンではかなり田舎の方を通りながらの旅で、Wifiなど当然無く。
やっと首都のドゥシャンベに宿泊した時にはあったのですがFBやYoutubeがアクセス制限されていて使えず。はあー。
兎に角この15日間はめちゃくちゃ濃い日々で話したいことがたくさんあるので、キルギス(ビシュケク)での黒歴史日々にはあまり触れず次へいきたいと思います。

■世界一周ブログランキング参戦中■

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

サリタシュでホームステイ

さて、話はキルギス第二の都市オシュからです。
ビシュケクから乗り合いワゴン車で雨の真夜中に到着。
宿の人もドライバーも親切な人で本当に助かった。
ありがとうオシュゲストハウス!

そこでなんとあの有名な世界一周ブロガーのシホさんと2度目の再会。
旅女 義眼のバックパッカー編
そしてこれが後に巻き起こる珍事件の数々のはじまりになるとは僕たちにはまだ知る由もなかった・・・。

シホさんのブログはこちら→旅女 Tabijo~義眼のバックパッカー編~

この日の夜はシホさんの赤裸々な話を肴にビールを飲み、翌日サリタシュという割とマイナーな村へ共に向かうこととなった。
タクシーの値段が前日に予行演習に来た時よりも”0”一個増えていて焦りながらもなんとか見つけたマルシュルートカに乗り込むひとり200ソム(約320円)。
あ、このサリタシュ編はまとめて動画作ったので是非見て下さい!

サリタシュ町並み

サリタシュマップ

サリタシュ。
ここを訪れた理由は二つ。
前記事でも述べた「ユルタ」と「ヤク」。
まずこの村について驚いたのは、七つも宿があったこと!!
ろくに下調べもせずきたのでそんなことも知らず、飛び込みでホームステイ先を探す気満々だったから。
(※ちなみにここは標高約3,200m。出来れば前日から高山病の薬を飲んでおこう!)

うーーーん。

シホさんとふたりでうなりつつも、宿は最後の手段とホームステイ先を探す。
数件民家をあたり、シホさんが使う魔法の言葉「くばる―ちゅな(←泊めてください、みたいな意味なんだとか!)」でなんとかホームステイ先を確保!!

サリタシュ ホームステイ

この家はたぶん民泊慣れしていて近所の人が紹介してくれた。
夕食、朝食、チャイタイム(いずれも豪華)付きで一泊ひとり400ソム(約640円)。
うん、これなら宿よりも安いし文句なしだ。

この日の夜、宿泊先の親父さんにユルタに泊まりたいと伝えると、翌日友人のユルタまで車で送ってくれるという。
わーーーここに泊まって良かったーーー!!!
(※ユルタとは・・・モンゴルのゲルの様な遊牧民の移動式住居)

 
 

念願の遊牧民の家ユルタへ

そして翌日・・・。

僕たちはなぜかホームステイ先の家族&親戚総出と共にトラックの荷台に揺られていた。
そうこの日は日曜日。
前日からやたら大量の食事を仕込んでいたかと思えば、元々家族&親戚総出でユルタへ行く予定だったのだ。
なんたる偶然!!

W1024Q75_20160619_085606

トラックに揺られること約1時間・・・。
ユルタのある高原に到着!!

ユルタ

やったーーー!!

これまでキルギス国内移動で幾つもユルタは見てきたけど、実際に入って泊まれるなんて!!

感動!!

ユルタに到着すると早速チャイタイム
ユルタ チャイ

ロバに乗ったり
ロバ乗り体験

子どもたちと遊んだり
W1024Q75_20160619_115850_LLS

あーー、やっと旅らしくなってきたなーなんて物思いにふけながら標高3,200m、太陽の下昼寝をしていると・・・。
(↑これが原因で後に顔面全体がペりペりになる)

「しょーきー!行くよー!」

みんなが呼んでいる。

ん??今日はここに泊まるんじゃないの?

ロシア語とボディランゲージを使って聞いてみてもイマイチよくわからないまま、みんなトラックの荷台に乗っていく。

「しょーき、今日の晩ご飯だよ!」

W1024Q75_20160619_131122_LLS

ん!???

■世界一周ブログランキング参戦中■

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

☆クリックするとランキングが上がります!このブログの順位もわかるよー!1日1クリック☆

LINEで送る
Pocket

One thought on “キルギス南部の小さな村サリタシュでユルタに訪問

  1. Pingback: あの世界一周ブロガー達と再会!ザリガニをあほほど食べまくったエレバンの夜 – 世界一周ローカル旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です