世界一周ローカル旅

サイクリングロード

LINEで送る
Pocket

まいど!横山笑来です。


この2日間で一週間分の観光を終えた様な気になっていた僕ですが、台湾はまだまだこんなもんじゃなかったです。
ショーンのガイドの質の高さに感動しつつ、今日はサイクリングで街中を散策します。


台北市内には、至る所に無人レンタサイクルがあります。借り方は簡単で、僕も観光初日に実は作っていた『Easy Card』をピッとやるだけです。Easy Cardというのは、日本で言うところのTaspoとかIkokaとかにあたるやつで、Easy Cardはこれひとつでレンタサイクルも借りられます。
しかも、借りた場所と別の場所での返却がOKで、最初の30分は無料ということもあり、地元民にも観光客にも愛されているようでした。


自転車をこいで約10分で、ショーンが以前働いていたというカフェに到着しました。
『ここで僕がコーヒーを淹れてあげるよ』とのことなので、カフェラッテを注文しました。作るところを見せてくれたのですが、ミルクでハートを作ろうとして見事に失敗していました。どんまいどんまい。


そこでしばらく隣の工事の騒音と戦いながらお喋りをした後、ショーンの友達と会いました。彼女は日本語を勉強していて、まだ始めて2年くらいなのに、全然普通に話せていてびっくりしました。


ショーンが横で『え?わかんなーい。』とか言ってました。ショーンも少しだけ日本語が話せます。
3人で近くのキャバクラ街を歩きましたが、まだ時間が早くて台湾のキャバ嬢には会えませんでした。(ここは日本人観光客が多いそうです。)
ショーンの友達はこの後、日本語教室があるからと行ってしまい、ショーンとまたサイクリングすることになりました。



台北市は結構広くて、市内でも東西南北で特色が違います。
東側は新しい街並み、南と西側は古い昔ながらの地元民の町、北側は次回ブログ記事のお楽しみ。
東側と西側の差は半端ない。同じ市とは思えないです。
台北市の広さがどうすれば伝わるか考えたのですが、僕の拙い作文力では難しかったのでちょっとググってみた結果、台北市は東京ディズニーリゾートの約136倍という事がわかりました。(広いよねー)


そしてこれからどこへ向かうのかと言うと、若者の繁華街、観光客でごった返しの東側です。
ここで有名なのが、元世界一の高さだった101というタワー。その中の超有名飲茶のお店。古民家が少し。
街はとにかくキラキラしていて、新しいんだなという雰囲気が醸し出ていました。
ここの飲茶のお店で小籠包を食べようとしたら1時間待ちでした。


その間に近くの古民家へ。ここは台北東側の開発が進んだ時、観光名所としておいておく為に取り壊されなかった家々です。
それこそ本当にぼろっぼろの瓦屋根の一階建ての3件くらいが連なって出来ている。ザ.ボロ家でした。
現在はもう誰も住んでいませんが、キラキラの繁華街と目と鼻の先にあるぼろぼろの家々とのギャップは、ドラマでも見ているような気分になりました。


そして腹を空かせた僕たちは飲茶のお店へと戻り、小籠包を楽しみました。
店を出た時に貰った店のカードを見ると、東京、大阪、横浜、名古屋、京都、福岡、熊本にもあるようでした。
鼎泰豊(ディンタイフォン)というお店です。美味しかったけど高い!!

横山笑来

世界一周ブログランキングに参加しています。
下の世界一周と書いてあるバナーをクリックして頂くと、ランキングのページに飛び、僕のブログに投票して下さったことになるそうです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

One thought on “サイクリングロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です