世界一周ローカル旅

横山笑来の世界一周第二章の幕開け~中央アジアビザ最新情報を添えて~

LINEで送る
Pocket

20160520_172901え

まいど!横山翔来です。
はい、あれです。
少し前から名前変えてました。
前々からちょっと思ってたんですよね。
やっぱあれだなぁ。
本名でいこうかなぁって。

そんな訳でこれからは横山翔来です。
しょうきって読みます。
よろしくです!
 

ついでにブログ名も変えちゃいました。
昨年8月に「世界ローカル旅協会」というガイドブックに載っていないローカルな情報を集めることを目標としたコミュニティをFacebookで立ち上げたのでそれにあやかって。
一旦【横山翔来の世界一周〜世界をローカル旅しよう!〜】に改名したもののなんかしっくりこなくて今の【世界一周ローカル旅】に落ち着きました。
これでもまだしっくり度90%位なんでまたそのうち改名する可能性もありますが・・・。
 

いきなりちょっとカミングアウトなんですけど、僕が世界一周の旅に出た裏テーマのひとつに「中途半端な自分からの脱却」っていうのがあります。
世界一周してる人ってそのほとんどが日本で頑張って働いて貯金して満を持して退職→旅立ち、というパターンが多い気がするんですけど、僕の場合日本にいた時から割りとフラフラしてて、職も短期で変えたりしてこれだけなら誰にも負けへんでっていうのが特に無いんですよ。
だから「中途半端な自分からの脱却」。
まあ名前なんて何でもいいし重要ではないんですけどその鎖から少しでも逃れて自由になる為に本名でやっていくことにしました。
ってどうでもいい話してすいません(笑)
 

ブログをはじめたのももう1年以上前だけど未だにキャラが立ってないのも気になってましたしね。
だから心機一転。
もっと自分、さらけ出してくぞー
高まってこー
 

そんな訳で早速残念なお知らせです。
インドのニューデリーからキルギスのビシュケクに飛んできたわけですが、いきなり沈没するというクズっぷりを発揮してしまいました。
まぁ中央アジアの状況と僕の予定立てられない性格をご存知の方はだいたい想像がつくと思います。

昨年11月、インドの日本人宿管理人の期間を延長することにした理由は二つありました。
ひとつは業務が楽しかったし良い経験になると思ったから。
もうひとつは次の目的地と軽薄な気持ちで決めていた中央アジアはこれから真冬だから行けないと思ったから。
そして管理人を卒業して中央アジアへ。

向かったのは良かったのですが、予定は未だ決まらず。
取り敢えずビシュケクにある有名な日本人宿で情報を集めてから考えよう。
そう思って来ただけだった。

観光と団体行動が苦手な僕があえて日本人宿の南旅館を選んだ理由は3つ。
ビシュケク内でおそらく一番安い。
日本人宿経営に以前よりも興味が出てきたのでその調査も兼ねて。
中央アジア諸国のビザ取得情報を得やすい。

実際中央アジアってビザ取得が面倒臭いので、世界一周旅行者にも避けられがちな地域なんですよ。
ところが僕としては何も知らなすぎる地域なだけに世界一周とか言いながら旅してる時にしか行かないかなぁって。
そう思って来てみました。
 

まず行き先も予定も決まっていない状況でビザなんか取りに行けないヨ。
ってことで南旅館5日目にしてはじめてタジキスタンビザを申請。タジキスタンビザは当日受け取りなら75USDで45日間滞在可能のビザ、5日位後の受け取りなら55USDで同じく45日間滞在可能のビザが取得可能です。
※ちなみについ最近からネット申請できるようになったとの噂もあり。
 

そしてその翌々日にはウズベキスタンビザを申請。
ウズベキスタンビザは自分でオンライン申請書を作成、印刷までして用意し、大使館に電話で申請予約してからやっと申請。翌週の指定日に再度電話。最初の電話は大抵「Call tomorrow ガチャ、ツー・ツー・ツー」。翌日再度電話すると「Call later ガチャ、ツー・ツー・ツー」。忙しいのはわかるけど兎に角対応が悪い。再度電話すると翌日10時に来るように言われて行くと振込用紙を渡されて少し離れた銀行まで料金を振り込みに行き、その用紙を大使館で見せてやっとビザ取得。
※ちなみに2016年6月中頃にビシュケクのウズベキスタン大使館は申請中の人に何も言わずいつの間にか全然違う場所へ引っ越ししているという仰天事実!!ついでに電話番号も変わったんですが何故か南旅館の固定電話から掛けられない・・・。流石ウズベキスタンさん予想の斜め上をいきます。
 

このブログで『中央アジア全ビザ完全攻略!!』みたいな記事でまとめようかとも思っていたんですが止めました。
状況が流動的すぎる。
これから中央アジア旅する人、頑張ってください。

トルクメニスタンやらイランやらのビザは更に大変で、トルクメニスタンは通過ビザなので入国出来ても5日間のみ。
綿密なスケジュールが必要となるため早々と諦めましたよ。
イランは出入国のスタンプがパスポートに残っているとアメリカ入国がかなりややこしい等様々な障害があり・・・
 

一旦思考停止。
 

もうね。大変なんですよってただ遊んでるだけの僕が言ってもなんの説得力も無いんですけど。
世界一周という現実逃避中の現実逃避。もう最低や。

でもね。考えても考えても最善のルートなんて無いんですよ。
だからもう大まかなルートだけでもざっっくり決めなあかんなって。
だって毎日毎日安いビール飲んで、ちょっと散歩しに出ても近所の美味しいイチゴタルト買ってはそこのおばちゃんとロシア語でちょっとだけ話して、ギター練習して、勝手に考えたオリジナルルールでチェスやったり、近所の公園にいつもいる犬のショーを見に行ったり、マクラメ作ったり、好きな晩御飯作るけど片付けは他の人がやってくれて、映画やドラマを深夜まで観てる生活から早く脱出せねば!
とにかく楽し過ぎるだけの南旅館を出なければならないとそう思った訳ですよ。

ちょうどそんな時、ネットをぽちぽちしてると面白そうな場所を見つけました。
やっぱキルギスは昔から遊牧民の文化が根強いので、いわゆる移動式住居「ユルタ」に泊まる。
そして標高3,000m以上の場所にしか生息しないという生物「ヤク」に会う。
これだ!!
あえて資料写真は載せません。

横山翔来の世界一周第二章の幕開けはユルタとヤクさんの二本柱でいきたいと思います!
ちなみにリアルタイムでもまだ見れてないのでどうなるかはさっぱり分かりません。
でも頑張って実現したいと思います。
 

明日天気が良ければキルギス南部のサリタシュって村に向かいます。その周辺でユルタとヤクさんの目撃情報があるのでアタックしてきます!!

じゃあ今日はこのへんで。

 

■世界一周ブログランキング参戦中■

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

☆クリックするとランキングが上がります!このブログの順位もわかるよー!1日1クリック☆

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です