世界一周ローカル旅

クルナでは運航休止!?

LINEで送る
Pocket

ロケットスチーマー クルナ
 

国境からのバスが調べていた情報よりも遅く、3時間もかかったのでクルナに着いた頃にはちょうど辺りは暗くなってきてしまった。

 

クルナに来た目的はロケットスチーマーに乗ること。
ロケットスチーマーと言うのは、バングラデシュで80年以上前につくられた外輪船。言わば船の老兵だそうだ。

 

乗り物にはあまり強くないのだが、船旅は好きだ。
サンタナコルカタで管理人をしていた時にあるお客さんからそんなものがあると教えてもらったので、これに乗って首都ダッカを目指すことにしたのだ。

 

地球の歩き方によると、その老兵は首都ダッカとクルナを行ったり来たりしているそう。だが時期や天候、老朽化?によって運行状況がかなり変わるそうで事前予約をすすめると。しかしそう言われても週に何本出ているのかさえ不明で、まさに運次第である。時刻表などの詳しい情報はこちらへと、「Bangladesh Inland Waterway Transport Corporation(通称BIWTC)」のHPも載っているのだが、そこのスケジュールをクリックしてみてもちゃんとした情報が出てこない。

 

こうなったらもう直接行ってみるしかない、とクルナまで来てみたのだ。

 

クルナからダッカまでは24時間の船旅、もし今ちょうどクルナ発の老兵が待機中ならすぐに乗れる!!

 

そんな淡い期待を抱きつつクルナの船着き場へと向かう。そんな都合よく乗れるわけが無いのだが、取り敢えずそこへ行けば何かしら情報は得られるであろう。

クルナ バングラデシュ
 

船着き場周辺には幾つかの旅行代理店があったので当たってみる・・・。

 

代理店1「ロケットスチーマー?今は運航してないよ。ところで君たちどこから来たんだ?」
え!?日本だよ!ありがとう!

 

代理店2「あぁそれならもうかれこれ2年はクルナから出ていないよ。ところで君たちどこから来たんだ?」
えぇ!!?日本だよ!ありがとう!

 

代理店3「クルナからは今は出ていないんだ。モロゴンへ行ってみな。ところで君たちどこから来たんだ?」
ほう!もろごん・・・?日本だよ!ありがとう!

 

代理店4「そうそう!モロゴンからなら乗れるかもしれないな!ところで君たちどこから来たんだ?」
そっかじゃあモロゴンへ行ってみるよ。日本だよ!ありがとう!

 

会話の切り込み方はインド人と似てるなぁ(笑)

 

よし、今はモロゴンってところへ行けば乗れるみたいだ。
今日はもう遅いのでクルナで一泊することにした。

 

朝からまともに食事していないので取り敢えず夕食をとろう。もう腹ペコだ。
バングラデシュ第一食目の食事はインドでもおなじみのビリヤニというインド風炊き込みご飯、チキンカレー、サラダ。もちろん僕もハルカも右手で食す。うん、なかなか美味しい。

バングラデシュ ビリヤニ
 

食事を終えてレストランの前で今日泊まる宿がまだ決まっていなく途方に暮れていると人が集まってきた。
バングラデシュの町を歩いていると、どこからともなく「ハロー」「ハロー」と聞こえてくる。
そして少しでも立ち止まるとこの通り。ものの数秒で芸能人ばりの囲み取材が始まる。

W800Q75_20160506_202750_LLS

「どこから来たの?」
「2人はどういう関係?」
「仕事は何してるんだい?」
バングラ訛りの英語でいきなり質問攻め。

 

英語が話せない人は隣にいてただ無言でこちらを見ている。ただひたすら。

 

とそこへリキシャ―の運転手が宿の営業をかけててきた。
バングラデシュの安宿にドミトリーはほぼ無い。泊まるならシングルかツイン。
その場で彼が抱える宿に電話してもらい、空きと料金の確認をとってもらう。
ツインの部屋で1,000Tk(約1,400円)。バングラデシュでは安い方だろうか。そこまで高くはない。
辺りはすっかり真っ暗になっていたのでもうそこに決めた。

 

明日、モロゴンへ向かおう・・・。

 

 

 

モロゴンってどこだ!!!?

 

■世界一周ブログランキング参戦中■
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
⇧クリックするとポイントが入ってランキングが上がる仕組みです&ランキングページにジャンプして現在の順位がわかります。1日1クリック☆

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です