世界一周ローカル旅

拝啓 娘のインド旅行に猛反対するわからず屋なお父様

LINEで送る
Pocket

はじめまして、世界ローカル旅協会会長の横山翔来と申します。

この度はこちらの記事をご覧頂き、誠に有難う御座います。

 

私は2015年2月8日(日)に世界一周の旅を目標に日本を出発し、台湾、タイ、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマー、シンガポール、マレーシア、ネパール、そしてインドと旅してきました。

諸々ございまして、現在はインドにある某日本人宿のボランティアスタッフを務めています。

因みに大阪府出身、28歳です。

世界ローカル旅協会会長 横山翔来

世界一周ブログランキング参戦中!!下のバナーをクリックするとランキングが見れます!
1日1クリック有効☆10ポイントUPに愛の手を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

さて、早速ですが本題に入りたいと思います。

娘さんのインド行きを猛反対されているそうですが、何故でしょうか?

 

インド人はウザい、ぼったくりが横行している、など口コミが悪いから?

衛生面が悪く、インフラも整っていないからでしょうか?

レイプ等の性的犯罪が多いイメージがあるから・・・ですよね!?

最近そんなニュースが多いからですよね?

 

本日はインドにおけるレイプの危険性について少しお話しさせて頂きたいと思います。

インドでは年間約34,000件のレイプ事件が起きています。

日本では年間約1,400件のレイプ事件が起きています。

インドは本当にレイプ事件が多い国です。

件数で右に出る国はありません。

 

参考になりますが、

スウェーデンでは年間約5,700件

ボリビアでは年間約3,700件

ニュージーランドでは年間約1,300件

のレイプ事件が起きています。

 

インドは世界断トツでレイプ事件の多い国。

その上、人はウザいし、ぼったくられる。

これは大切な娘さんを行かせる訳には行きませんよね・・・?

 

 

 

 

 

違うんです!!そうでは無いんです!!

 

インドの人口はご存知ですよね?

そうです、約12億5千万人です。

日本は約1億2千7百万人。

約10倍の差があります。

人口が多いと犯罪件数が多いのは自然の流れです。

しかしそれにしても多い。

それを加味してもインドは日本と比べるとレイプ事件が多いです。

日本は比較的平和な国だからでしょう。

説得力が足りませんか?

 

ではこちらをご覧ください。

これは人口10万人当たりのレイプ発生件数を国連薬物犯罪事務所(UNODC)が統計を取ったものを表にしたものです。

世界レイプ10万人ごとの発生件数

(※参照:KNOEMA/全国レベルにおけるレイプ、人口10万人当たりの割合

 

 

先ほどレイプ発生件数で右に出る国は無いと言いましたが、すみません。訂正です。

アメリカでは年間約79,400件のレイプ事件が起きています。

インドの首都デリーでは約1,400件と国内で最もレイプの発生件数が多い街ですが、ニューヨークのそれには及びません。

スウェーデンは年間約5,700件ですが、10万人当たり58.9件と世界断トツ1位。

どちらも脅威ですよね?

2013年の表にはデータの無いボリビアとニュージーランドにも、2012年のデータなら残っています。

ボリビアは10万人当たり33.0件、ニュージーランドは10万人当たり29.6件と、上位に食い込むことが分かります。

インドは10万人当たり2.7人。どちらがレイプ被害に遭う可能性が高いと言えるでしょうか?

そして何故か国名さえ載っていない韓国では年間約19,700件のレイプ事件が発生しており、人口10万人当たりだと39.2件。

堂々の世界第2位です。

日本の児童ポルノの影響だとか言われていますが、当の日本は10万人当たり1.1人。

 

 

統計上、インドが特別レイプの発生件数が多い訳では無いことはご理解頂けたでしょうか。

世界的に見るとインドだけが危ないと言われるのはおかしな事なのです。

見方を変えれば、報道の自由度が高いインドだから故に悪いニュースが際立っているとも言えます。

 

さて、もし娘さんが、

「9.11メモリアル グラウンドゼロを見にニューヨークへ行きたいの!」と言ったら何と返しますか?

「韓国って国内旅行より安く済むんだよね!ちょっと行ってくるー!」と言われたら?

「ボリビアのウユニ塩湖には絶対行きたいの!!素敵な想い出作ってくるね!!」と言われたら?

「スウェーデンにオーロラを見に行くのが夢なの!!」と言われたら?

 

先進国なら安全?

途上国は危険?

何の説得力もありません。

 

先月トルコの首都アンカラでテロ事件が起きました。

その前はタイのバンコクでもテロ事件が起きました。

バングラディシュでは日本人が殺害されました。

日本でも無差別殺人事件は起こります。

例えばインターネットで「インド 事件」「日本 事件」と検索してみて下さい。

世界から平和だと言われる日本の方が明らかに凄惨な事件が多いことが分かります。

もう「ここは絶対安全」と言える場所は世界中のどこにも無いんです。

いつどこでどうやって死ぬかなんて全く分からない。

だから私は旅に出ました。

本当にやりたい事をやって死ぬなら本望。

そう思ったから・・・。

 

 

 

 

 

私が言いたい事はただひとつです。

    

『先入観を持たないで下さい』

 

 

 

 

 

インドについて何をご存知ですか?

食事はカレーばかりだと思っていませんか?

未だに国民全員が右手だけでしか食事をしないとでも?

 

 

宗教について。

国民の80%以上が信仰されているヒンドゥー教について何をご存知でしょうか?

年間何度も催される祭りや大規模な礼拝

人々の神々への信仰心

知らない人にも掛けられる親切心

日本人が忘れているものを彼らはたくさん持っています。

 

 

カースト制度について。

インドには世界でも珍しいカースト制度と言う制度がありました。

その階級の人は、一生その仕事にしか就けないという階級制度です。

一生レストランの床掃除、一生乞食・・・こんな人がインドには未だにたくさんいます。

生まれてきた時からその人の人生は決まっているのです。

名字で階級が分けられているので、ごまかしはききません。

1950年の新憲法で、カースト制度に基づく差別は撤廃されていますが、まだまだ根強く残っているのが現状です。

 

 

インド人が嘘つきだと言われる件について。

インド人は文化的に「知らない」とは滅多に言いません。

もし誰かに何かを尋ねられた時、知らなくてもあぁだこうだと言ってきます。

それが彼らの親切心。思いやりの心なのです。

だからそれが結果的に間違っていることがある。

ただそれだけの話です。

インドで道に迷ったら最低5人に聞けと言われているのはこの為です。

5人で多数決を取って多かった道へ進む。これで良いじゃないですか。

 

 

インド人はぼったくりを働くと言われる件。

買い手は安く買いたいし、売り手は高く売りたいですよね?

そんな当たり前の話です。

買い手がその時了承したのであれば、後からごちゃごちゃ言うべきでは無いです。

それをするのが日本人。

あっちの方が安いじゃないか、と。

自分で契約書に判を付いたのに勝手に騙されたと思っている。

インド人からしても迷惑な話です。

 

 

現地に行かないとわからないことがたくさんあります。

言葉の壁、価値観の違い、味覚の違い・・・

違うことばかりではありません。

簡単な現地語くらいすぐに覚えられるし

音楽は言葉の壁を越えます。

価値観や味覚は少し歩み寄ろう

郷に入れば郷に従え

それだけでコミュニケーションが取れるんです。

不思議なほどにね。

 

無論「インドは安全です」と言っている訳では無いので誤解しないで下さい。

しかしこう言ったインドという国が抱える社会問題や生活の背景を知り理解していく中で、人は成長できると思いませんか?

もし娘さんを笑顔でインドへ送り出せてあげることが出来れば、たくましく成長して帰ってくるとは?

 

インドに限らず他の国でもそんな体験は出来ます。

しかし良い意味でも悪い意味でもパンチが効いてる国、それがインドです。

インドになんか行きたくないと言っているのなら話は別です。

行かない方が良い。

でも行きたいと、それが娘であっても大人の女性であれば止めることは出来ないはずです。

中途半端な知識や先入観で、人の夢を潰さないで頂きたい。

昨今の様々な事件の影響を受け、現代の旅人は昔よりも保守的になってきていると聞きます。

 

「自己責任」

 

この言葉を旅人は皆、心の何処かにしまいながら旅をしています。

自分の身は自分で守る。

そんなこと旅人なら当たり前ですから・・・。
 

最後までお読み頂きありがとうございます。

敬具

 

世界ローカル旅協会会長 横山翔来

世界一周ブログランキング参戦中!!下のバナーをクリックするとランキングが見れます!
1日1クリック有効☆10ポイントUPに愛の手を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

9 thoughts on “拝啓 娘のインド旅行に猛反対するわからず屋なお父様

  1. えいみ

    私はこれまでの人生で、様々なインド人に何十人も会い(遭い?)ました。

    マッサージ嬢は、インド人が店にくると、「今日は休みで、私出勤してないと言って!」言い、隠れますw。インド人男性は、韓国人男性とはまた違ったやり方で、女性の身体をゴキゴキにします。お国柄が出るんでしょうね~。女性の地位が低い国の男性は、総じて、性行為の時に乱暴ですね。

    欧米諸国(カナダとかオーストラリア)は、性被害にあったときに真剣に話聞いて、調書作ってくれるし、今後どうしたら良いかのアドバイスをくれます。言いかた変ですけど、安心して(?)性被害に遭えます。

    インドでは、どうかしら?日本でも残念な感じなのに。被害にあった後のことを考えると、安心できる国とそうじゃない国ってありますね。

    まぁ、色々な意味でたくましくなって帰ってくるでしょう。

    1. 横山笑来 Post author

      えいみさん、コメントありがとうございます。

      性被害にあったときに真剣に話聞いて、調書作ってくれるし、
      →そうだとすれば被害に遭って良いのでしょうか?

      今後どうしたら良いかのアドバイスをくれます
      →そんなこと自分で考えられませんか?

      安心して(?)性被害に遭えます
      →意味がわからないです。どーぞどーぞ

      インドでは、どうかしら?
      →それが先入観ではありませんか?レイプが社会問題になっているのは事実です。対応はどの国でも人によると思いますが。

      被害に遭った後の安心とは何でしょうか?

  2. KJ

    数字だけ見て判断することではできないでしょ。特にインドでは米国と違い海外旅行者がターゲットになりやすいですからね。自分もインドは何回も行ってるし、行きたければ勝手に行けばいいと思うが、自分の価値観と異なる人を「わからずや」と言ってるあたり、貴方はあまり海外で暮らすのに向いていないと思いますよ。海外で暮らすのに大切なことは異なる価値観を理解しようとする姿勢です。勝手に日本のお父さんが間違っていると決めつけて貴方の価値観を押し付けることではないです。

    1. 横山笑来 Post author

      KJさん、コメントありがとうございます。

      その通り。数字だけでは判断できません。数字+インド人の文化を汲み取って頂くために書いた記事だったのですが。
      しかし逆にお聞きしますが、数字と先入観のどちらを信じますか?

      海外で暮らす?私は今のところ海外で暮らしたいとは全く思っておりませんが。
      価値観を押し付けている様に感じ取られたのであれば失礼いたしました。無論そんなつもりは無かったです。
      ただ私の友人にも実際に親に反対されインドに行けない人が少なからずいます。
      彼女たちの話を聞いて、おかしいと思ったのですよ。

  3. KJ

    海外で暮らすつもりはない、とかそんな揚げ足取らないで(笑)
    つまり海外での適応力の有無は異なる価値観を尊重できるか否かで大きく変わるという事です。
    その他の方のレスを見る限り、あなたはかなり捻くれた方ですね。

    あまり伝わらなかったようなのでシンプルに言い直しますが、

    あなたには子供がいない(ですよね?)ので、大切な娘を思う父親の気持ちを全て理解することはできない。

    知り合いの父親はインドに行ったことがないから、インドで学び感じることができる数多くの経験を知らない。

    お互いにこれまでの経験則から判断しているだけで、どちらが間違っているとかではないのですよ。
    自分があなたのエントリで齟齬を感じるのは、あなたの経験則から自分と価値観の違う考え方を否定する
    その高慢な姿勢です。

    自分も途上国での生活が長いので、あなたが伝えたいと思うことはよくわかります。
    途上国での生活を経験することによって人間として成長できますし、
    日本にいる内向きな若者に対して歯痒く思うこともあります。
    しかしあなたの感じていることはあなたが偶然海外での生活を経験する機会があったから知り得たことであり、
    それで日本にいて海外を知らない人たちの価値観を否定することはとても恥ずかしい事だと自覚してください。

    もちろんあなたの経験からインドの様々な文化や風習を伝える事はとても大切だと思います。
    でもこのエントリであなたがしている事は「紹介」ではなく「否定」なのですよ。

  4. KJ

    あともう一点伝え忘れましたが、
    「途上国」というのは日本のいたいけな若者たちの教育の場ではないという事です。
    もちろん途上国に来て色々学ぶ事は多々ありますが、
    あなたのように途上国に来れば途上国の人たちの暮らしを見て、人間として成長できるから来た方が良い、
    と思っているのであれば、無意識的でしょうがインドの事をかなり見下しているのですよ。

    1. 横山笑来 Post author

      KJさんのお言葉真摯に受け止めたいと思います。ありがとうございました。

  5. 通りすがり

    と言うか、発展途上国は警察が機能してないことが多く、明るみに出ている数字では判断出来ないと思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です