世界一周ローカル旅

バックパッカーのバイブルってなんじゃい!!

LINEで送る
Pocket

まいど!横山笑来です。

 

僕いつもブログ記事を書く時は、スマホで撮り貯めた写真を振り返りながら
「あ、この時の事書こう!」って決めるんですが、さっきクアラルンプールでの写真を振り返って、旅の支出表の為にほぼ毎食撮っている食べ物の写真ばっかりでビックリしています。

 

3日間何してたんだろう・・・。

 

この日はもうクアラルンプールを後にして、広大と2人でペナン島という所に移動することにした。
スクリーンショット (81)
 

ペナン島と言えば思い付くのが、今やバックパッカーのバイブルとも謳われる、沢木耕太郎さんの「深夜特急」

 

僕は正直この本は昔から知っていた訳ではなく、世界一周準備中に調べものをしている中で知った。

 

そして全6巻読んだ...

 

ことは無いんだけど、名古屋テレビが1996年に大沢たかお主演でドラマ化しているのを最近になって初めて観た。面白いよ!

 

そのドラマの中では、沢木耕太郎さんが香港で滞在していた宿の人に
「ペナン島の女は最高だぞ」と聞き、その後近くを通過する事になったので立ち寄って見ることにしたという内容だった。

20150618_230718
(名古屋テレビ「深夜特急 第1便 熱風アジア編」より引用)

 

そのドラマでは特に女性とどうこうっていうシーンは無かったんですが、
沢木耕太郎さん演じる大沢たかおさんは、ビーチで出逢った日本人女性や宿の変なオーナー親子と楽しく過ごす日々が描かれている。

 

...って「深夜特急」ドラマ版全3編は全部観たんですけど、
これがバイブルなら僕が以前から言ってる「ローカル旅」が主流になってるハズなんですが()

 

沢木耕太郎さんは元々、友人達と賭けをしていて、それは
「インドのデリーから乗り合いバスでイギリスのロンドンまで行けるか?」
というもの。
世界一周旅ではない

 

旅中、彼はほとんど観光という観光はしていないし、
現地人とは積極的に絡み、
インドでは右手で食事をし、
気に入った地ではついつい長居してしまい、
まさに暮らす様に旅が進められている様子が描かれている。

 

バックパッカーのバイブルとは一体...

 

「これバックパッカーのバイブルらしいよ」
とか言いながら、そんな彼と同じ様な旅を目指す旅人はどれほど存在するのか。

 

無宗教者の多い日本人らしいと言えば日本人らしい()

 

だいたいバイブルの意味を解っているのか...?

 

僕は問いたい!!!()

 

まぁいいや、別に旅のスタイルを押し付けたくなんかないし。

 

 

...あ、なんか珍しく思いっきり脱線してしまいましたね。

 

そんな訳で今回は人生初の寝台電車での移動です!!

 

Wifiも車内販売もあって快適でした!!
マレー鉄道 寝台

 

横山笑来

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
Facebookページへはコチラ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です