世界一周ローカル旅

野宿に乗り気だった理由

LINEで送る
Pocket

まいど!横山笑来です。

 

無事にサイソンブンから帰還、ミャンマービザ取得と言うミッションを終えた僕とたこたつは、ラオスにはもう用がありません。

 

言い方悪いっ()
ごめんなさい。ラオスめちゃくちゃ楽しかったです。これまで周った中で一番かも。日本からも近いしまた将来行きたいです。

 

そうは言っても時間は待ってくれないので僕達は先へ進みます。今度こそ、たこたつとはチェンマイでお別れします。仕方なくそれまでは行動を共にすることに...。

 

    

現在地、ラオスの首都ヴィエンチャン。
ここからバスを乗り継ぎタイのチェンマイを目指します。

 

ヴィエンチャンウドンターニーチェンマイ
スクリーンショット (40)

 

ヴィエンチャンからの直通バスも出ているのですが、それだと30万キープ弱(4,500)かかるのに対し、ローカルバスを乗り継いで行くと3,000円位で行けちゃうそうです。
たこたつ知ってるねぇ~流石です!!

 

僕達の作戦はこうです。
夕方、ヴィエンチャンからウドンターニー行きのバスに乗る。
夜、ウドンターニーからチェンマイ行きの夜行バスに乗る。
翌朝、チェンマイ着。

 

バス代も宿代も浮く完璧な作戦です。
バックパッカーはみんなこうやって節約を工夫ながら旅しているのです。

 

しかし僕達の場合、実際はそんなに上手くいかないのでした...。

 

 

夕方6時、ヴィエンチャンからバスに乗りウドンターニーを目指します。
途中、ラオスとタイの国境(先日ビザランで来た所)を難なく越えて、ウドンターニーに着いたのが夜9時頃。

 

ハプニングはここで起きました。

 

チェンマイへの夜行バスは、今夜はもうVIP車しか無いらしく、値段は即却下レベル。

 

安いバスは明日の朝出発の便がある。
バスステーションには有料のトイレにシャワー室まである。しかも親切なバスチケット窓口のおじいちゃんが翌朝まで荷物を置かせてくれると言う。

 

この旅始まって三ヶ月以来、初の野宿が決定した!!!

 

「「これじゃあ今日はウドンターニーで一泊するしかないね!うん、そうしよう。仕方ないもんね。仕方ない仕方ない!!」」

 

僕達がそれに乗り気だった理由。
それは、ウドンターニーは「置屋」が有名だからです。

 

置屋って分かる人少ないですよね。
「おきや」と読みます。これ何かって風俗店の俗称です。これから出世したければ覚えておきましょう。

 

ここはラオスから近く、人の往来も多いので、ラオスから売春の為に働きに来る女性(10)が多いらしい。
ある筋からの情報によると、そこはさながら「飛田新地」の様だと評判らしく、僕達は是非それを
見てみたかったのだ。

 

飛田新地と言うのは、大阪のある場所にある違法地帯です。知らない人はググって下さい。
僕は大阪に住む人間としてどんな場所か知っておきたかったので、以前車でその一帯を通ったことがある。
あの異様な光景は今でも目に焼き付いている。

そんな場所がウドンターニーにもあると知ったのはつい先日の事だった。

 

ちなみにこれ普通に信じて欲しいんですけど、僕は風俗には行きません。僕は風俗には行きません。


もう一度言います。
僕は風俗には行きません。
ただその光景を見てみたかっただけです。
万が一、誘惑に負けないように、絶対に足りないお金しか持って行きませんでした。

 

 

 

荷物をチケット窓口に置かせてもらい(もちろんしっかりとチェーンロックして)
ウドンターニー夜の街へ!!!
20150506_221215

 

ウドンターニーに着いた時から思ってたのですが、ここめっちゃ都会です。
ラオスのどの町よりも都会です。
タイの都会と言えば、バンコクかチェンマイなイメージですが、見た目だけならそれと張り合うくらいです。びっくり。

 

置屋の位置情報を持っていなかった僕達は、とりあえずマクドナルドのフリーWIFIを使う為に入店。

 

調べると、置屋街は何ヶ所かあるようでしたが、最近一斉撤去が入りほぼ壊滅状態にあると。

 

「「なんだって!?せっかく一泊することにしたのにそれは無いっしょー!!」」

 

探し続けること30分。
遂に今はもうここだけ、という場所を見つけました。

 

「「よし、行こうか!!」」

 

ソンテウで近くまで行き、ウドンターニーの飛田新地へ!!!

 

 

20150507_001110

20150507_003816
 

 

もぬけの殻...

 

どうやら一斉撤去の魔の手はここまで届いていた様です。

 

これからウドンターニーはもう...
この先は僕の口からは言えません。

 

バスステーションへ戻ると、チケット窓口のおじいちゃんが御座と枕を用意してくれていました。
20150507_060811

 

ありがとございます。
でも暑くて寝れなかったので宿に泊まった方が良いよ!!!

 

横山笑来
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です